青空つばめのお絵描き日記。

happylady.exblog.jp
ブログトップ

真珠の耳飾りの少女を観ました

2ヶ月視聴無料キャンペーンの案内につられて光テレビに入った。
ビデオプログラムを探していたら、「真珠の耳飾りの少女」があったのでチョイス。

e0195185_1338947.jpg物語はフェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」を題材にしたフィクションだが、よく出来た映画だった。
家族や絵のパトロンなど、フェルメールを取り巻く人々は実在した人たちだという。

タイル職人の父が失明したため、グリートはメイドとしてフェルメールの家で働くことになる。大家族のメイドとしての仕事は多忙であり、やがてグリートは画家であるフェルメールのアトリエの掃除もするようになる。
やがて、だんだんと彼の絵に興味を持ち始め、フェルメールもグリートの芸術的センスに気づく。ある時からグリートはフェルメールの絵の具の調合をまかされるようになり、彼の絵のモデルにもなるが・・・・

とても映像のきれいな映画だと思った。どの画面を切り取っても、絵になってしまう。
17世紀のオランダの情景が目に浮かぶようだった。
フェルメールのグリートを思う愛、それに気づくグリート、フェルメールを取り巻く家族の愛憎、などを当時の風俗を交えながら緊張感のあるドラマに仕上げた美しい映画だった。
ただ、絵画好きのわたしとしては、物語の内容はさておき当時の絵の具の調合の仕方や絵画制作の過程に注目が行ってしまった。
骨の粉や鉛を混ぜて絵の具を作るの?身体に悪そー・・・なんて あくまでロマンチックよりも現実派なのね~

特筆すべきは、グリートを演じたスカーレット・ヨハンソンの美しさ。
透明感があって、とってもきれいな女優さん053.gif

そんなわけで、グリート役のスカーレット・ヨハンソンを絵に描きたくなってしまった。
透明水彩で描いてみようと思ったけど、あえなく撃沈。気を取り直して色鉛筆で描きました。
(2003年/イギリス 光テレビ)

↓↓よろしくおねがいします
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-11-03 14:35 | 絵日記 | Comments(2)
Commented by ワカメ at 2009-11-07 22:28 x
素敵な絵できましたね。透明感がある女優さんの透明感を感じますよ。あのフェルメールの青といわれる青は大好きな色です。彼は日常の平凡な生活の中にある美しさを見る目をもっているのだと思います。
人物とても温かくて描けていて、青空つばめさんは人が大好きなんでしょうね。
Commented by happylucky-jun at 2009-11-08 20:50
うわっ、ワカメさん 素敵なコメントありがとうございます。
とっても嬉しいです!

少し前に東京でフェルメールの展覧会があったのだけど、行かずじまいになってしまいました。
行って本物の絵を見ておけば良かったなぁ・・・

人物を描くのは楽しいですね。
特に、人柄がお顔に出ているような人を描くのが好きです。
またワカメさんの絵も見せてくださいね。楽しみにしています。
コメント、ありがとうございました。