青空つばめのお絵描き日記。

happylady.exblog.jp
ブログトップ

ALWAYS三丁目の夕日を観ました

e0195185_12164032.jpg


先週、夫と「ALWAYS三丁目の夕日'64」を観にいった。
ALWAYS三丁目の夕日は1作目からずっと見ていて、とても好きな作品だ。

1作目は昭和33年の設定。今回はそれから6年後の1964年、昭和39年の設定だ。
1作目のころは小学4年生だった一平ちゃんや淳之介くんももう中学生。青森から集団就職で東京に出てきたロクちゃんはすっかりきれいになって、今では鈴木オートの大きな戦力に成長していた。
お話の内容は予定調和的ではあるんだけど、1作目2作目からのエピソードもしっかりつないで、かつロクちゃんの結婚など新しいエピソードも盛り込んでおり、涙も笑いもあってとても楽しめる映画だった。
わたし的評価は☆5つ。

この映画に描かれている昭和って、今の時代から見ると泥臭いしおしゃれでも垢抜けてもなかったけど、なんだかパワーがあったんだなぁ…と改めて感じた。
特に、1964年は東京オリンピックの年だもんね。
日本全体が「もっと伸びよう、がんばれば出来るぞっ」って思っていた頃かな。
あの頃わたしは小学生でわからなかったけれど、今より漲るものがある時代だったのかなぁと思う。
東京オリンピックは敗戦から復興した日本を世界に見てもらえる大きなイベントだから、日本じゅうが沸き立っていたのだろう。
わたしはその頃東京に住んでいたが、家の近所を聖火ランナーが走るというので見に行き、日の丸を振って応援したのを覚えている。学校では校庭に生徒が集まって「東京五輪音頭」の踊りをみんなで踊った。まぁいわゆる盆踊り的な踊りだったけど、昭和の素朴な小学生は自分もオリンピックのイベントに参加できた気がして嬉しかったものだ024.gif

絵は、夕日町の住人、タバコ屋のおばちゃんを描いてみた。
もたいまさこさんが演じるこのおばちゃん、わたしは好きなキャラクターだ。
新しもの好きで、1作目では乗れない自転車に乗ってみたりびんのコーラをガブ飲みしてたっけ。
今回は、タバコ屋の店先に「東京五輪まであと〇〇日」の張り紙をしたり万国旗を飾っているのが面白かったので、それを絵に描いてみた。
それにしても、うしろの柱にある札に「たばこは現金に願います」って書いてあるけど、当時たばこをツケで買う人いたのかな?

↓↓よろしくお願いします
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2012-02-01 12:59 | 絵日記 | Comments(0)