青空つばめのお絵描き日記。

happylady.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ししとうを描きました

e0195185_1651378.jpg先週末、電車で一時間くらいのところに住む伯父の家に遊びに行った。
伯父は今85歳。
昨年、突然に伯母を亡くしてから元気がないのが心配だが、周りの者に心配をかけまいと気丈に頑張っている。
料理が得意なので、遊びに行くといろいろと美味しいものを作って食べさせてくれるのがうれしい。

「男だって女だって、自分の食べるもんくらいは自分で作らなきゃいかんよ」と言うのが、伯父の持論。そうだよね、我がオットにも聞かせてやりたいわ。

こよなく妻を愛し家族を守ってきたおじちゃん、身体に気をつけていつまでも元気でいてくださいね。

伯父が作ってくれたナスとししとうの炒め物がとても美味しかったので、今日家でも作ってみようと思い、ししとうを買ってきた。
料理する前に、ししとうをちょこっとハガキに絵を描いてみたんだけどどうかしら?

<ナスとししとうの炒め物>
① ナスを洗い水気をふいて乱切りにし、塩をふりかける→そのまましばらく置く(=10分以上がめやす)
② ナスの水気が出てくるのでペーパーで拭く
③ しらすをやや多めの油でカリカリになるまで炒める
④ ③にナスとししとうを加え炒める
⑤ 塩をパラパラッとふる
 
ほら、あっという間に美味しい炒め物が出来上がり~

↓↓今日はレシピつきです001.gif
にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-29 17:36 | はがき絵 | Comments(6)

マルタのやさしい刺繍を観ました

以前、新聞で紹介記事を読んでからずっと観たいと思っていた、「マルタのやさしい刺繍」を観た。

e0195185_14352189.jpgベルンの東にある、のどかできれいな丘陵地帯の小さな村が舞台。

80歳のマルタは村で雑貨店を営んでいたが、夫に先立たれ意気消沈の日々を過ごしていた。
ある日、ふとしたことからマルタはかつての自分の夢を思い出す。
若い頃、マルタは手刺繍を施したランジェリーショップを開くことを夢見ていたのだった。

友人リジーは雑貨店を改装してランジェリーショップを開店することを提案するが、村の人々の反応は冷たい。
保守的な村人たちの中でがんばるマルタとリジー。
そんな二人を見て、やがて友人たちも応援してくれるようになる。
そしてランジェリーのお店は・・・ 

ほのぼのとした、夢のある品の良い映画だった。見終った後、心が温かくなって元気をもらったような気がした。

マルタの周りにいるおばあちゃんたちが、マルタを応援するうちに自分たちもやる気が出て、パソコン教室に行ったり車の免許を取りに行ったりし始めるところがかわいい。
老人クラブのおじいちゃまが下着の刺繍を手伝うところも好きだった。
おばあちゃんたちがネットショップで通販を始めたり、車で配達もしちゃうなんて、考えただけでも元気になれる。

映画の中に登場する、スイスの特産品であるレースや刺繍をあしらったランジェリーがとてもきれいだった。

マルタを演じたシュテファニー・グラーザーは、撮影のとき88歳だったそう。この作品が初主演とのことだ。
さしずめ、「スイスの森光子さん」という感じかな?
80歳で何かを始めるという映画のテーマも素敵だが、88歳で映画に初主演するという女優さんもすごく素敵。
(2006年/スイス DVD)

↓↓マルタの顔を描きました
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-27 15:55 | 絵日記 | Comments(0)

車内イケメンすけっち-2

電車でイケメンをスケッチするのは楽しい。だが、最近ある問題点に気づいた。
①描きたいイケメンになかなか出会わない→イケメンじゃない人はいっぱいいるけどね
②通勤電車は混んでいて、位置取りが難しい→ドアのところに寄りかかるポジションがいいんだけど・・・
この2つの問題点をクリアできるのは休日の車内の場合が多い。
休みの日の車内は、乗客もリラックスした表情でスケッチにはなかなかGoodなのです。

そんなわけで、下の2枚のスケッチは、少し前の休みの日に電車に乗ったときに描いた。


e0195185_9541967.jpgこの彼は一生懸命にゲームに励んでいた。
最近の電車では、若い男の子はゲームをやっている確率が高い。
ゲームをしているか携帯をいじっているか、目をつぶって音楽を聴いているか、この3パターンがほとんど。
なんだかなぁ、とおばさん思っちゃいます。
でもまぁ、マンガ本を読んでニンマリしているよりはいいか。


e0195185_1001388.jpgこの人、超カッコよかった。
途中で降りちゃったんだけど、立ち上がった姿がまたカッコイイ053.gif
背が高くて足もなが~い!もしかしたモデルさんかも。
こんなイケメンが毎日電車に乗ってれば電車に乗るのも楽しいのに、と思いました。

それにしても、最近はヒゲが流行っているのかしら?
イケメンくんにはヒゲをはやしている子が多いですねぇ。


↓↓よろしくおねがいします

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-24 10:12 | 絵日記 | Comments(4)

Dear フランキーを観ました

e0195185_17453146.jpgBSで放送された映画「Dearフランキー」を見ました。
耳の聞こえない9歳の男の子フランキーとママ、おばあちゃんの3人は、フランキーの父親のDVから逃れるためスコットランドを転々と暮らしていた。フランキーのママ(リジー)は、フランキーには父親はACCRA号という船に乗る船乗りだと言ってある。

フランキーは父親あてに手紙を書くのを楽しみにしているが、実はフランキーへの返事はリジーが書いていた。
ある日、フランキーは父親が乗っているはずの船”ACCRA号”が、地元グラスゴーに着くことを知る。喜ぶフランキーだが、ママは真実を告げるべきか悩む。そして、一日だけのパパを・・・・ というお話

イギリスの港町の風景をとらえた映像がとてもきれいで、しっとりとした情感の漂う良い映画だった。
フランキーを思いやるリジーの気持ち、口は悪いがいつも優しいまなざしで娘親子を支えるおばあちゃん、リジーの友達マリーの友情など、人のやさしさを感じる映画だと思った。

9歳から10歳くらいの子供と少年のあいだを揺れ動くような微妙な男の子の気持ちを、ジャック・マケルホーン君が好演。ママ役のエミリー・モティマーもきれいだった。
でも、それ以上に良かったのは、一日だけのパパを演じたジェラルド・バトラー。
はじめは胡散臭い感じだったのに、フランキーと過ごすうちにどんどんカッコよくなる。
初めて会ったフランキーに魚の本をプレゼントすると、喜んだフランキーが思わず抱きついてくる。戸惑いながらもフランキーを抱き寄せるシーンがとても良い。
あんな素敵な人ならば、リジーじゃなくても恋してしまうでしょう053.gif

フランキーは、きっと途中からパパが本当のパパじゃないことに気づいていたのね。

パパを窓から見送るところがとても印象的だったので、そのシーンを絵に描いてみた。
でも、フランキーの顔、ぜんぜん似てな~い007.gif

↓↓うまく描けてませんが・・・
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-22 18:29 | 絵日記 | Comments(0)

街でみかけたファッション男子

e0195185_15401975.jpg最近、原宿あたりではスカート男子と呼ばれるスカートをはいた男の子が出没しているらしい。
ふーん、世の中いろいろだね、と思いながらそんなニュースを聞いていた。ただ、話には聞いていても実際に見かけたことはなかったので、いつかスカートくんと出会うのを心のうちではちょっと楽しみにしていた。

ある夜家路を急ごうと駅に降り立った時、わたしの前をGジャンの男の子が通り過ぎた。
勝手にしやがれ♪のジュリー(←すみません、古くて)みたいな帽子をかぶった、背の高いイケメン風男子。

そして、ふとそのパンツに目をやると・・・・
おやまぁ、なんだかズボンとスカートを合体したようなものを着てるじゃあありませんか!
ちょっと見スカートという感じだけど、裾はくっついていてパンツになってるの。
今、若い子に流行りの「サルエルパンツ」というものらしい。

それがまた、この子、よく似合ってる!ズボンでもスカートでも自分が着たいものを着てるって感じで、爽やかで堂々としていて好感がもてた。
お、なかなかやるじゃん、日本男児017.gif
着たきりすずめやドブネズミスーツのおじさんに比べたら、ずっとよろしいじゃないですか!

でも、あれがもし自分の息子や甥だったら、と思うと・・・
おばさん、やっぱり複雑?それとも誇らしいかしら?


↓↓ありがとうございます

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-20 16:09 | イラスト日記 | Comments(0)

アイビーとローズマリー

e0195185_1728726.jpgひとつき半ほど前から足がしびれてしかたがない。他は何ともないのに、足だけが痺れて夜も不眠がち。
もうお年頃だし、何か悪い病気の兆候かとも思い病院へ行った。
すると、「こういう症状はお酒を飲みすぎた人に多いんですがねぇ・・・」、と先生。え?でもまだ午前中ですぅ、いくらなんでも酔っ払っちゃいません~、というわけで細部にわたって検査をしてもらうことにした。

検査の結果が出るまで2週間ほどかかるそう。なんともないといいなぁ・・・。


そんなわけで今日は仕事を休んだので、家でアイビーとローズマリーを描いた。
イラスト教室の先生が描いた本を参考にしたが、当たり前だけど先生の作品とは似ても似つかない絵になっちゃった。がっくり&しょんぼりの巻でした。
しかし、へたっぴな絵ばかりブログに載せていいのかしらん。今更ながら赤面する思いのわたしであります。


↓↓へたな絵で恐縮ですが・・・
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-19 17:57 | 絵日記 | Comments(0)

けいちゃんからのお便り

e0195185_1658511.jpgハロウィーンのパッケージに入ったお菓子がとてもかわいかったので、上の階に住むけいちゃんとゆずちゃんにプレゼントした。すると、なんと!けいちゃんがお礼のサンキューレターを書いて届けてくれた。
「おばちゃん、ありがとう!お菓子おいしかったよ」と言って。

「ありがとう」の文字と、けいちゃんとおばちゃんの顔を描いてくれたのね。字はおかあさんに教えてもらったそうです。
嬉しいなぁ!053.gif
おばちゃん、けいけいからのお手紙ずーっと大切にしまっておくよ。ありがとうね。

けいちゃんのおかあさん、お気遣いありがとうございます。
嬉しかったです。


e0195185_17145778.gif

↓↓今日はけいちゃんの絵です。
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-18 17:20 | その他いろいろ | Comments(0)

ハッピーバースデー~バラの絵

e0195185_13135315.jpg高校時代からの友人が来週誕生日を迎えるので、お祝いのカードを送ろうと思い、近所に咲いているバラを描いた。
バラの花は気品があって大好きだが、描くのは難しい。
ほんとはもっと上手な絵を贈りたいのだけれど、気はココロということで許しておくれ~。

この絵を描いている時、人の良さそうなおじさんが興味津々という面持ちで近づいてきた。「はぁ、水彩ですか」とわたしの手元を見ておっしゃる。わたしは「えぇ、へたなんですけどね・・・」と、気恥ずかしい思いで筆を動かしながら返事をしていたが、おじさんがなんとなく立ち去りがたそうなので2-3分よもやま話でお茶をにごす。

しばらくして、そのおじさんは「じゃ、がんばって描き終えてください」とお帰りに・・・ と思ったら、数分後にかつてご自分がお描きになった絵が入った紙袋を手に舞い戻っていらした。そこからあれこれご自分の絵の遍歴をお話になり・・・・

わたしはおじさんのお話も聞かにゃならないし絵も描きたいし、というわけでほとんど気もそぞろ状態。
結局、なんだかこの絵はささっと適当に描きおえてしまった。

外で絵を描いているといろんな人に話しかけられるらしいとは知っていたが、こんな経験は初めてだった。
でも、おじさんのおかげで近所のスケッチスポットや季節ごとの花の見所を教えてもらった。
絵が取り持つ縁というのも面白いものだ。

おじさん、お名前も伺いませんでしたが、ありがとうございました。

↓↓いつもありがとうございます

にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-17 13:58 | はがき絵 | Comments(2)

Halloween~ハロウィン

e0195185_2045696.jpg10月に入ると街にはハロウィンのかぼちゃが登場する。
今でこそ見慣れたハロウィングッズだけど、わたしが子供の頃には見たことも聞いたこともなかったなぁ。
何しろ、昭和の子供たち(それも昭和中期の)には、洋モノのイベントといえばクリスマスだけだったもんね。
さてハロウィンてどんな意味があるの?と思って調べたところ、「万聖節」の前夜祭だって。と言われてもわかるわけもないが、どうやら死者の魂がこの世に戻ってくる日なんだって。ま、”西洋のお盆”かしらね?

ハロウィンのイラストを描いてみた。イラストを描くのは楽しいけど、センスが問題だ。
センスのないわたしがイメージだけで描けるはずもなく、いろいろネットで資料を物色して参考にした。
カボチャの色はもっと黄色っぽくした方が良かったなぁ、と反省。もっとうまく描けるようになりたいな。

↓↓ありがとうございます。

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-14 20:22 | 絵日記 | Comments(2)

柿をスケッチしました

e0195185_16481136.jpg今日は3連休のまんなかの日。
良いお天気になったので、離れて住む夫の両親を誘い近所の公園に散歩に出かけた。
義父89歳、義母83歳。二人とも外出には車椅子を使う。
久しぶりの外出だったので疲れが出ないか心配だったけど、両親とも秋晴れの一日を楽しんでくれた様子。
よかったよかった。


庭(←といっても集合住宅だから"みんなの庭”ね)の柿を描いてみた。なかなか思うように描けない。
柿の色を出すのが思った以上に難しかった。黄色っぽいからと黄色を強くしてみても納得できず、赤味を強くしても熟れすぎたようになってしまう。水彩は色を作るのが楽しいけれど、難しいところでもあるなぁ。

↓↓いつもありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログ はがき絵へ
にほんブログ村
[PR]
by happylucky-jun | 2009-10-11 17:07 | はがき絵 | Comments(4)